2005-01-20 [長年日記]

[] 『義経(上・下)』(司馬遼太郎,文春文庫)

義経イコール痴呆。義経イコールタッキー。よって、タッキーイコール痴呆(ウソ)。義経が政治的痴呆者であることが見事にインプットされました。

ここまで主人公をこき下ろしているのは、作者が義経を好んでいないんだろうな。義経というか判官びいきの風潮というか。『燃えよ剣』では土方歳三を函館まで克明に追っているのに、義経は京都を落ちていきなり完。この差かな。

それはそうと、「片腹痛い」といえば「源平討魔伝」なのだがこの認識でいいのだろうか。読みながら、「片腹イタイワ」と「殺シテシンゼヨウッ」が頭から離れなかった。たしか義経と弁慶は敵だったよな。CDはよく聴いていたんだけど。

源平討魔伝でググるとすげー出てくる。懐かしい。『義経』

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
# やまぐち (2005-01-23 16:40)

一番下の鳥居を選んで勾玉最初に取らないと、クリアできません。

本日のTrackBacks(全1件) []
# <徳島早苗の間>:司馬版「義経」読了。 (2005-12-02 22:20)

本年度NHK大河ドラマの主人公・滝沢タッキー義経は狆隶Δ凌有瓩搬疹美化されているきらいがあるが、本書では彼の長所・短所がより露骨に描かれていてまさに「司馬史観・義経」。 決して爐いせ劼舛磴鶚瓩任呂覆実に人間臭いんである。 作中の義経は「大人とは思え..